SubLVDS - MIPI CSI-2 イメージセンサ・ブリッジ・リファレンスデザイン

産業機器・A/V機器向けイメージセンサーをモバイルアプリケーションプロセッサに接続

ほとんどの汎用アプリケーションプロセッサは業界標準の MIPI CSI-2 を使用しています。しかし、産業機器・A/V 放送機器向けのハイエンド向けイメージセンサは、SubLVDS インタフェースを使用することがあります。モバイル機器産業はアプリケーションプロセッサの進化を加速させ、コストダウンや低消費電力化を実現しました。多くの新しいアプリケーションは、SubLVDS インタフェースのイメージセンサーを使用しながら、進化したモバイル向けプロセッサを活用したいと考えています。

CrossLink ファミリ用の SubLVDS - MIPI CSI-2 イメージセンサ・ブリッジ・リファレンスデザインを使用することで、インタフェース変換機能の要求仕様を満たすことが可能です。このリファレンスデザインは無償で提供されます、また、バイト - ピクセル変換 と SubLVDS イメージセンサーレシーバCSI-2 / DSI D-PHY トランスミッタを含む CrossLink ファミリ用モジュラー IP が使用されています。

特長

  • 4、6、8、10 レーンの SubLVDS 入力から 1、2、4 レーンの MIPI CSI-2 出力をサポート
  • 1 レーンあたり 最大入力バンド幅 1.2 Gbps
  • 1 レーンあたり 最大出力バンド幅 1.5 Gbps
  • 回路動作中に I2C 経由で内部パラメータ設定の変更可能
  • オプションで映像の部分切り取り(クロッピング) をサポート

Jump to

Block Diagram

CrossLink Modular IP Support Table

Documentation

Technical Resources
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
SubLVDS to MIPI CSI-2 Image Sensor Bridge Reference Design - Documentation
FPGA-RD-02061 1.1 9/30/2019 PDF 2.9 MB
SubLVDS to MIPI CSI-2 Image Sensor Bridge Reference Design - Source Code
1.0 7/10/2019 ZIP 13.8 MB
*By clicking on the "Notify Me of Changes" button, you agree to receive notifications on changes to the document(s) you selected.