ピクセルからバイトコンバーター

ピクセルフォーマットをパラレルバイトフォーマットに変換

より優れたディスプレイの需要が高まっているため、ブリッジング・アプリケーションはますます普及しています。非常に一般的なアプリケーションインターフェースの1つはMIPI® D-PHYがあります。これは、主にモバイルデバイスのカメラとディスプレイの相互接続に対応するため開発され、今ではスマートフォン用のアプリケーション向けた業界初の高速PHYソリューションとなっています。通常、MIPIカメラシリアルインターフェイス2(CSI-2)およびMIPIディスプレイシリアルインターフェイス(DSI)プロトコル仕様と組み合わせて使用されます。MIPI D-PHYは、携帯電話の設計で必要とされる低消費電力、低ノイズ、高ノイズ耐性という厳しい要件を満たしています。

MIPI D-PHYは、典型的なカメラおよびディスプレイアプリケーション用の実用的なPHYです。これはLVCMOSまたはLVDSに基づいた従来のパラレルバスを置き換えるように設計されていますが、多くのプロセッサーとディスプレイ/カメラはインターフェースで未だにRGBやCMOSを使用しています。ラティスのサブモジュールはFPGAロジックでD-PHYレシーバーを必要とするアプリで使用できます。したがって、MIPI D-PHY IPに接続するには、パラレルインターフェースをMIPI D-PHYバイトパケット互換フォーマットに変換するためのコンバーターロジックが必要になります。

特長

  • RGB888, RGB666, RAW8, RAW10, RAW12, YUV420/YUV422 8/10ビットビデオフォーマット対応
  • ピクセルクロックごとに1,2,4,6,8または10ピクセルをMIPI D-PHYバイト互換フォーマットに変換
  • 1,2または4つのMIPI D-PHYデータレーンのバイト配列対応

ブロックダイアグラム

Documentation

Quick Reference
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
Pixel-to-Byte Converter IP
FPGA-IPUG-02026 1.1 5/10/2019 PDF 1.9 MB


CrossLinkのデザインリソース

開発キット&ボード

当社の開発キットとボードで設計プロセスの合理化

IP&リファレンスデザイン

プレテスト、再利用可能な機能を利用して設計の労力を軽減

アプリケーションノート

当社のFPGA、開発ボードのラインナップを最大活用する方法

ソフトウェア

使いやすい設計フローの完全版

Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.