FPD-LINKレシーバー

FPD-LINKビデオストリームをピクセルクロックドメインへ変換

Related Products

より優れたディスプレイの需要が高まっているため、ブリッジング・アプリケーションはますます普及しています。一般的なアプリケーションインターフェイスの1つにフラットパネルディスプレイリンク(FPD-LINK)インターフェイスがあります。低電圧差動信号(LVDS)規格は、民生機器、産業制御、医療および自動車の高速差動インタフェースに使用されています。LVDSインタフェースは、低電圧、低消費電力で、シングルエンド技術よりも優れたシグナルインテグリティを提供します。チャネルリンク、FPDリンク、カメラリンクなどのアプリケーションは、物理層にLVDSインターフェイスを使用しています。

7:1 LVDSインタフェースは、複数のデータビットとクロックで構成されるソース同期インタフェースの一般的な規格です。通常、7:1 LVDSインタフェースの1チャネルは、対応するデータの種類に応じて、5つのLVDSペア(1クロック、4データ)で構成されます。

ラティスのOpenLDI / FPD-LINK / LVDSレシーバインターフェイスIPは、OpenLDI / FDP-Link / LVDSインターフェイス接続を内蔵したプロセッサからのビデオストリームをピクセルクロックドメインに変換でき、それによりMIPI DSI ディスプレイインターフェースのような他のアプリケーションインターフェースとして使用することができます。

特長

  • OpenLVDSディスプレイインタフェース(OpenLDI)v0.95仕様に準拠
  • OpenLDIの不平衡動作モードフォーマットでの伝送
  • RGB888 および RGB666ビデオフォーマット対応
  • デュアルチャネルフラットパネルディスプレイリンクプロトコル(7:1 LVDS)での受信対応
  • チャネルごとに3-4データレーンLVDS対応

ブロックダイアグラム

Documentation

Quick Reference
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
OpenLDI/FPD-LINK/LVDS Receiver Interface IP
FPGA-IPUG-02021 1.1 5/10/2019 PDF 2 MB


CrossLinkのデザインリソース

開発キット&ボード

当社の開発キットとボードで設計プロセスの合理化

IP&リファレンスデザイン


プレテスト、再利用可能な機能を利用して設計の労力を軽減

アプリケーションノート

当社のFPGA、開発ボードのラインナップを最大活用する方法

ソフトウェア

使いやすい設計フローの完全版

Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.