SubLVDS イメージセンサレシーバー

SubLVDSイメージセンサビデオストリームをピクセルクロックドメインに変換

Related Products

subLVDSイメージセンサは主にイメージセンサで使用され、1つのクロックペアと複数のデータペアを統合します。データペアの数は帯域幅の要件によって異なります。LVDSインターフェースと比べるとsubLVDSは以下の特長があります。

  • 1.25VのLVDSに比べて0.9Vの低いコモン・モード。SubLVDSは通常1.8Vで動作するのに対し、LVDSは2.5Vを使用します。
  • +/- 175 mVのLVDSに比べて+/- 150 mVの低い差動スイング

ラティスのSubLVDS CrossLink IPイメージセンサビデオストリームからピクセルクロックドメインに変換します。これにより、MIPI DSIなどの他のアプリケーションインターフェースに接続できます。

特長

  • イメージセンサからの4、6、8または10データレーン対応
  • 10ビット(RAW10)もしくは12ビット(RAW12)ピクセル幅対応
  • スレーブモードで起動するイメージセンサ用のXVSやXHSを生成可能

ブロックダイアグラム

Documentation

Quick Reference
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
SubLVDS Image Sensor Receiver Submodule IP
FPGA-IPUG-02023 1.1 5/10/2019 PDF 1.7 MB


CrossLinkのデザインリソース

開発キット&ボード

当社の開発キットとボードで設計プロセスの合理化

IP&リファレンスデザイン

プレテスト、再利用可能な機能を利用して設計の労力を軽減

アプリケーションノート

当社のFPGA、開発ボードのラインナップを最大活用する方法

ソフトウェア

使いやすい設計フローの完全版

Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.