RGMII GMIIブリッジ

Bi-directional bridge function for transferring data between RGMII and GMII

LatticeReferenceDesign-LogoGMII(Gigabit Media Independent Interface)はイーサネット・インターフェース標準で、RGMII(Reduced Gigabit Media Independent Interface)は、GMIIの置き換えです。RGMIIの目的は、ピン数を22から12へと減らすことでコスト効率向上とテクノロジー非依存です。このリファレンス設計は、RGMIIとGMII間のデータ伝送に双方向ブリッジ機能を提供します。

Features

  • Data bridging from GMII to RGMII
  • Data bridging from RGMII to GMII
  • Works at >125 MHz
  • Uses the HSTL I/Os with no additional HSTL buffers required

Jump to

ブロック ダイアグラム

パフォーマンスとサイズ

デバイスをテスト* LUTs I/Oピン fMAX
LFE3-95EA-7 3 33 >125 MHz
LFEC20E-4 3 33 >125 MHz
LLFXP10E-4 3 33 >125 MHz

*他のデバイスでも同様に作動します。

注意: 上記の性能と設計サイズは概算見積もりです。実際の結果は選択したパラメータ、タイミング制約とデバイス実装によって変ります。詳細は設計のドキュメントをご覧下さい。全てのコーディングと設計は、特に注意書きがない限りPCプラットフォーム上で行いました。

Ordering Information

Available for free to use in Lattice Radiant design software.

ドキュメント

Technical Resources
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
RGMII to GMII Bridge Reference Design
FPGA-RD-02136 2.5 6/23/2021 PDF 762.7 KB
RGMII to GMII Bridge - Source Code
FPGA-RD-02136 2.5 6/23/2021 ZIP 968.6 KB
*By clicking on the "Notify Me of Changes" button, you agree to receive notifications on changes to the document(s) you selected.