HDMI 2.1 eARC トランスミッタ/レシーバ

すべてのバージョンのHDMI向けの拡張オーディオリターンチャンネル(ARC)ソリューション

Related Applications

未来の互換性-eARCはオーディオデバイスが未来のHDMI 2.1テレビとの完全な互換性を保証

簡単-eARCでホームシアターが簡単に使用可能

性能の改善-Dolby AtmosおよびDTS:Xを含むすべてのHDMIの高ビットレートホームシアターオーディオフォーマットを伝送

特長

  • ラティスICはTVとオーディオデバイスの両方で利用可能
  • ソリューションは既存のHDMIトランスミッタまたはレシーバICで動作し、あらゆるHDMIバージョンで使用可能
  • 自動ARCフォールバックを内蔵したHDMI 2.1 eARCとHDMI 1.4レガシーARCモードの両方に対応
  • eARCデータチャネル機能は、I2Cインタフェースによって対応:eARC信号内のHDMI 2.1規格、双方向検出および制御信号を送信します
  • 0.4mmピンピッチの4mm x 4mm QFNパッケージ

ファミリーテーブル

HDMI eARC ASSPs SiI9437 SiI9438
HDMI 2.1 eARC 入力 出力
HDMI 2.1 eARC 双方向データチャネル あり あり
HDMI 1.4 eARC フォールバック あり あり
SPDIF 出力 入力
8-ch I2S インターフェース @ 192 KHz 出力 入力
パッケージ 32ピンQFN 32ピンQFN
ピンピッチ 0.4 mm QFN 0.4 mm QFN
パッケージサイズ 4 x 4 mm 4 x 4 mm
スターターキット CP9437 CP9438

ソリューション例

拡張オーディオリターンチャネル (eARC)

  • eARCは、自己発見・自己構成で、また、DMIケーブルを使って、オーディオをTVからオーディオデバイスに逆方向に送る完全自動のオーディオリンクです
  • テレビが表示しているすべてのビデオソースにおいて、自動的に動作します
  • 自動的に検出され、eARCが使用されているときはTVスピーカーが自動的にミュート設定されます

AVR/サウンドバー (eARCを受信)

  • Sil9347 eARCレシーバを使用したブロックダイアグラム(31ピンQFN)
  • eARCによって逆方向のオーディオ伝送が可能
  • オーディオデバイスのHDMIトランスミッタは2つのeARCピンを介してオーディオを受信

ビデオ

Using eARC to Easily Enable Theater Quality Surround SoundExpand Image

eARCを使ってまるで映画館にいるようなサウンド

このビデオはHDMI 2.1のeARC機能の利点を紹介します:

  • 高帯域幅-全てのオーディオフォーマットに対応する37Mのオーディオ
  • テレビを簡単に操作できる完全ホームシアター体験
  • ビデオ規格の変更にも対応し、未来も使い続けられるレシーバ

ドキュメント

Quick Reference
Information Resources
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
SiI9437/SiI9438 ARC/Enhanced ARC Receiver and Transmitter
SiI-DB-02013 2.0 11/7/2017 PDF 738.1 KB
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
HDMI®拡張オーディオリターンチャンネル(eARC) 妥協しないオーディオ品質で 将来も使い続けられるホームシアター接続
1.0 1/13/2018 PDF 754.9 KB
*By clicking on the "Notify Me of Changes" button, you agree to receive notifications on changes to the document(s) you selected.

サポート