組込み機能ブロックを使ったI2Cスレーブ周辺機器

Related Products

Reference Design Logo2つのワイヤのインターフェースとして知られるI2Cインターフェースは、Philips社によって開発された複数のマスターシングルエンドバスです。I2Cは同じボード上のデバイス間の通信で幅広く使用されています。全てのMachXO2デバイスは“一次”と“二次”と呼ばれる2つのハードエンドI2C IPコアが含まれます。

このリファレンスデザインは以下の直感的なインターフェースを実装する、すぐに使用可能なRTLコードセグメントを提供します。

  • 外部のI2CマスタとXO2内部レジスタ(ユーザーロジック)
  • XO2外部I2CマスタとXO2メモリ拡張

I2Cスレーブインターフェースは外部のI2Cマスタからのコマンドとデータの受信に使用されます。この設計の一般的なアプリケーションは、GPIOからI2C準拠のマイクロコントローラマスタもしくはXO2の組込みブロックRAMへの拡張を提供します。

利点

  • すぐに使えるRTLコード
  • I2C、Wishboneプロトコルを学ぶ手間を省く:開発時間の短縮
  • プログラム可能なスレーブ割込

リンクに飛ぶ

ブロックダイアグラム

性能とサイズ

デバイスファミリ 検証デバイス1 言語 fmax I/O ピン 利用率 構築リソース 改訂
MachXO2™ 2 LCMXO2-1200ZE-3MG132C Verilog >45MHz 100 185 LUT EFB 1.0

1. その他デバイスでも機能する可能性があります
2. 性能と利用率の数値は特定の検証デバイスとラティスのDiamond™ 1.4ソフトウェアを使って生成しました

注意:性能と設計サイズは推定値です。実際の結果は選択したパラメータ、タイミング制約、デバイス実装によって異なります。詳細は設計ドキュメントをご参照ください。特別な記載がない限り、すべてのコード化、設計はPCプラットフォームで行われました。

ドキュメント

Technical Resources
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
I2C Slave Peripheral using Embedded Function Block - Documentation
RD1124 1.3 10/1/2014 PDF 2 MB
I2C Slave Peripheral using Embedded Function Block Reference Design
RD1124 1.3 10/1/2014 ZIP 1.4 MB

*By clicking on the "Notify Me of Changes" button, you agree to receive notifications on changes to the document(s) you selected.

Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.