パワーマネージャIIフォルトロガー

LatticeReferenceDesign-Logoマイクロプロセッサを使用するシステムまたはコンピュータでは、一般的に多数の電源系統が存在します。電源が故障するとパワーマネージャ回路が、最低でもシャットダウンを強制実行します。保守およびトラブルシューティングにおいては、どの電源が故障し、どのような故障状態になったか(過電圧か、電圧低下か)を知ることは非常に役立ちます。

この参照設計は、電源の故障状態を不揮発性メモリに記録し、あとから故障を読み取ることのできるソリューションを示しています。このソリューションはパワーマネージャII、MachXO、不揮発性SPIフラッシュメモリをベースとしているため、高速で、信頼性が高く、コスト効率の高いものになっています。

Jump to

ブロック ダイアグラム

パフォーマンスとサイズ

デバイスをテスト* 性能 I/Oピン サイズ リビジョン
LC4512V-35T176C >70 MHz 19 261 マクロセル 1.2
LCMXO2280C-5FT256C >70 MHz 19 251 LUTs 1.2
LFXP2-5E-5FT256C >70 MHz 19 302 LUTs 1.2

*他のデバイスでも動作する可能性があります。

注:上記の性能と設計サイズは、あくまでも見積もりです。実際の結果は、設定パラメータ、タイミング制約、およびデバイスの実装によって異なります。詳細については設計ドキュメントを参照してください。特記のある場合を除き、すべてのコーディングおよび設計作業はPCプラットフォーム上で行われています

Documentation

Technical Resources
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
Power Supply Fault Logging - Source Code
RD1062 1.2 6/30/2010 ZIP 123.4 KB
Power Supply Fault Logging - Documentation
RD1062 1.2 6/30/2010 PDF 127.8 KB

*By clicking on the "Notify Me of Changes" button, you agree to receive notifications on changes to the document(s) you selected.

Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.