2入力から1出力MIPI CSI-2カメラアグリゲータブリッジ

拡張現実や奥行き知覚、ジェスチャ認識等の多くの新しいアプリケーションはフレーム間の遅延を最小限に抑えたまま、複数のイメージセンサインターフェースをアプリケーションプロセッサに接続する必要があります。ラティスのCrossLinkは複数のMIPI CSI-2イメージセンサとアグリゲータデータを1つのCSI-2出力にインターフェースで繋げることができます。アグリゲーションはイメージセンサフレームを並列構成で繋ぎ合わせるか、もしくは仮想チャネルに基づいてデータパケットを調停することで実行されます。

ラティスのCrossLinkはPHYあたり最大6Gbpsで複数のMIPI CSI-2インターフェースを提供することができるプログラマブルビデオインターフェースブリッジ機能です。このブリッジの簡単な構成とセットアップはLattice Diamond®の無料IPから利用できます。

特長

  • 最大6 GbpsでMIPI CSI-2出入力サポート
    • 1,2または4データレーン
  • 2つのMIPI CSI-2入力を1つのMIPI CSI-2出力に結合
    • 出力データレートは入力データレートの2倍
    • LR併合法-各ピクセルラインで1つのパケットを構成するために左右のチャネルからパケットを結合または併合する。
    • VC併合法-各チャネルに個別の仮想チャネルを割り当て、データをチャネル間で交互に送信する。APはチャネル間の実際の併合を実行する役割を果たす。
  • すべての種類のCSI-2データをサポート
    • RAW, RGB, YUV
  • MIPI D-PHY v1.1仕様への準拠
  • CSI-2 v1.1仕様への準拠

ブロックダイアグラム

ドキュメント

Quick Reference
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
2:1 MIPI CSI-2 Bridge Soft IP User Guide
FPGA-IPUG-02002 1.4 5/10/2019 PDF 2 MB


Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.