ダイナミック・ブロック・リードソロモンデコーダ

Our system is going under maintenance on August 13th between 2:00 pm to 10:00 pm Pacific. During this window, the website may not be reachable. For immediate assistance, please contact techsupport@latticesemi.com.

IP ExpressリードソロモンコードはFEC(Forward Error Correction:誤り証正)の実行に使用されます。FECは送信するデータに予め冗長性を持たせ、受信側でエラー訂正を可能とするものです。冗長データ(チェック記号)は受信側へオリジナルデータと一緒に送信されます。リードソロモンデコーダは受信側で使用され、伝送エラーを訂正します。このタイプのエラー訂正はデジタルビデオ放送(DVB)や、光伝送(OC-192)などのデータ通信アプリケーションに幅広く運用されています。

ラティス ブロック リード ソロモン符号復号器の動的 ip アドレスはより最近の IEEE 802.16-2004 年を含むいくつかの業界標準に準拠してカスタム同様に他の非標準的なアプリケーションをサポートするために構成することができます。デコーダーのシンボルの幅の広い範囲をサポートしているし、多項式のフィールド、生成多項式と他のいくつかのパラメーターを定義することができます。IEEE 802.16-2004年のような新しい標準ブロック サイズを動的に変化させるとリード ソロモン符号の使用が必要です。ラティス ダイナミック ブロック リード ソロモン符号復号器のコアは、今日の前方エラー修正世界のようなニーズを満たす理想的なソリューションを提供します。このコアでは、ブロック サイズとチェック シンボル数を入力ポートを通じて動的に変化させることができます。この IP コアを使用することができますラティスと完全なリード ソロモン符号の動的ブロック リード ソロモン符号化基づく前方誤り訂正アプリケーション。

リードソロモンコードはRSフォーマット(n, k)で記述され、kは情報記号数、nはコード語長もしくはブロックにおける記号数の合計です。コード語長のそれぞれの記号はwsymbビット幅です。リードソロモンデコーダは受信側で復調後、符号化されたデータの検出と訂正を行います。符号化されたRSデータは伝送におけるエラー発生の有無を判定されます。エラー数が決定すると、デコーダは訂正の範囲内かどうかを判定します。この決定後、デコーダは受信データのエラーを訂正します。下の図はリードソロモンデコーダの動作を示します。

特長

  • 3 - 12ビット記号幅
  • 構成可能なフィールド多項式
  • 構成可能な多項式生成:スターティング・ルートとルート・スペーシング
  • ユーザ定義のコード語長
    • 最大4095記号
    • 最大256チェック記号
    • 短縮コード
  • 以下の通信標準をサポート
    • OC-192
    • DVB
    • CCSDS
    • ATSC
    • IEEE 802.16-2004 ワイヤレスMAN-SCa/OFDM
    • IEEE 802.16-2004 ワイヤレスMAN-SC
  • 完全な同期
  • 系統だったデコーダ
  • 完全なハンドシェーキング機能
  • ダイナミック可変ブロック長
  • ダイナミック可変チェック記号
  • エラー、消去及びパンクチャリング・モード
  • エラー測定情報

Jump to

ブロック ダイアグラム

パフォーマンスとサイズ

LatticeECP31
IPexpress ユーザー設定可能なモード SLICEs LUTs レジスタ sysMEM EBRs I/Os fMAX (MHz)
OC-192 564 1062 791 2 37 148
CCSDS 990 1884 1322 2 38 149
DVB 591 1123 792 2 37 156
ATSC 776 1476 960 2 37 144
IEEE 802.16-2004 WirelessMAN SCa 912 1746 1252 2 51 145
IEEE 802.16-2004 WirelessMAN SC 1067 2031 1493 2 52 142

1. パフォーマンスと使用率データと LFE3-95E-8FN672CES デバイスを使って生成されるラティスDiamond 1.0とSynplify プロ D-2009.12 L 1 ソフトウェア。パフォーマンスが異なる場合があります別のソフトウェア バージョンを使用してまたは LatticeECP3 家族の内で別のデバイス密度や速度のグレードをターゲットします。

LatticeECP2M1
IPexpress ユーザー設定可能なモード SLICEs LUTs レジスタ sysMEM EBRs I/Os fMAX (MHz)
OC-192 562 1117 791 2 37 169
CCSDS 963 1917 1322 2 38 163
DVB 591 1173 792 2 37 178
ATSC 756 1500 960 2 37 160
IEEE 802.16-2004 WirelessMAN SCa 917 1818 1252 3 51 151
IEEE 802.16-2004 WirelessMAN SC 1037 2056 1493 3 52 145

1. パフォーマンスと使用率データと LFE2M35E/SE-7F484C デバイスを使って生成されるラティスDiamond 1.0とSynplify プロ D-2009.12 L 1 ソフトウェア。パフォーマンスが異なる場合があります別のソフトウェア バージョンを使用してまたは LatticeECP2M/S 家族の内で別のデバイス密度や速度のグレードをターゲットします。

LatticeECP21
IPexpress ユーザー設定可能なモード SLICEs LUTs レジスタ sysMEM EBRs I/Os fMAX (MHz)
OC-192 562 1117 791 2 37 175
CCSDS 963 1917 1322 2 38 157
DVB 591 1173 792 2 37 150
ATSC 756 1500 960 2 37 166
IEEE 802.16-2004 WirelessMAN SCa 917 1818 1252 3 51 152
IEEE 802.16-2004 WirelessMAN SC 1037 2056 1493 3 52 137

1. パフォーマンスと使用率データと LFE2-50E/S-7F672C デバイスを使って生成されるラティスDiamond 1.0とSynplify プロ D-2009.12 L 1 ソフトウェア。パフォーマンスが異なる場合があります別のソフトウェア バージョンを使用してまたは LatticeECP2/S 家族の内で別のデバイス密度や速度のグレードをターゲットします。

LatticeECP/EC1
IPexpress ユーザー設定可能なモード SLICEs LUTs レジスタ sysMEM EBRs I/Os fMAX (MHz)
OC-192 588 1171 795 2 37 123
CCSDS 980 1947 1349 2 38 114
DVB 604 1196 802 2 37 124
ATSC 766 1520 969 2 37 113
IEEE 802.16-2004 WirelessMAN SCa 927 1835 1279 3 51 116
IEEE 802.16-2004 WirelessMAN SC 1044 2066 1486 3 52 104

1. パフォーマンスと使用率データと LFEC/P20E-5F672C デバイスを使って生成されるラティスDiamond 1.0とSynplify プロ D-2009.12 L 1 ソフトウェア。パフォーマンスが異なる場合があります別のソフトウェア バージョンを使用してまたは LatticeECP/EC 家族の内で別のデバイス密度や速度のグレードをターゲットします。

LatticeSC/M1
IPexpress ユーザー設定可能なモード SLICEs LUTs レジスタ sysMEM EBRs I/Os fMAX (MHz)
OC-192 591 1113 803 2 37 267
CCSDS 1033 1958 1348 2 38 245
DVB 642 1219 804 2 37 287
ATSC 804 1537 970 2 37 253
IEEE 802.16-2004 WirelessMAN SCa 965 1833 1276 2 51 240
IEEE 802.16-2004 WirelessMAN SC 1107 2101 1501 2 52 238

1. パフォーマンスと使用率データと LFSC/M3GA25E-7F900C デバイスを使って生成されるラティスDiamond 1.0とSynplify プロ D-2009.12 L 1 ソフトウェア。パフォーマンスが異なる場合があります別のソフトウェア バージョンを使用してまたは LatticeSC/M 家族の内で別のデバイス密度や速度のグレードをターゲットします。

LatticeXP21
IPexpress ユーザー設定可能なモード SLICEs LUTs レジスタ sysMEM EBRs I/Os fMAX (MHz)
OC-192 562 1117 791 2 37 140
CCSDS 963 1917 1322 2 38 128
DVB 591 1173 792 2 37 157
ATSC 756 1500 960 2 37 128
IEEE 802.16-2004 WirelessMAN SCa 917 1818 1252 2 51 126
IEEE 802.16-2004 WirelessMAN SC 1037 2056 1493 2 52 127

1. パフォーマンスと使用率データと LFXP2-30E-7F484C デバイスを使って生成されるラティスDiamond 1.0とSynplify プロ D-2009.12 L 1 ソフトウェア。パフォーマンスが異なる場合があります別のソフトウェア バージョンを使用してまたは LatticeXP2 家族の内で別のデバイス密度や速度のグレードをターゲットします。

LatticeXP1
IPexpress ユーザー設定可能なモード SLICEs LUTs レジスタ sysMEM EBRs I/Os fMAX (MHz)
OC-192 588 1171 795 2 37 110
CCSDS 980 1947 1349 2 38 108
DVB 604 1196 802 2 37 111
ATSC 766 1520 969 2 37 103
IEEE 802.16-2004 WirelessMAN SCa 928 1837 1279 2 51 109
IEEE 802.16-2004 WirelessMAN SC 1044 2066 1486 2 52 85

1. パフォーマンスと使用率データと LFXP20E-5F484C デバイスを使って生成されるラティスDiamond 1.0とSynplify プロ D-2009.12 L 1 ソフトウェア。パフォーマンスが異なる場合があります別のソフトウェア バージョンを使用してまたは LatticeXP 家族の内で別のデバイス密度や速度のグレードをターゲットします。

発注情報

家族 パートナンバー
LatticeECP3 RSDEC-DBLK-E3-U3
LatticeECP2M RSDEC-DBLK-PM-U3
LatticeECP2 RSDEC-DBLK-P2-U3
LatticeECP/EC RSDEC-DBLK-E2-U3
LatticeSC/M RSDEC-DBLK-SC-U3
LatticeXP2 RSDEC-DBLK-X2-U3
LatticeXP RSDEC-DBLK-XM-U3

IP バージョン: 3.4

このIPの完全評価バージョンをダウンロードするには、IPエクスプレスのメイン・ウィンドウにあるラティスIPサーバへ行ってください。ダウンロードできる全てのラティス IPモジュールは、このタブ上でご覧になれます。

IP コアを購入する方法を見つけるためにローカル格子営業所までご連絡ください。

ドキュメント

Quick Reference
Information Resources
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
Select All
Dynamic Block Reed-Solomon Decoder User Guide
FPGA-IPUG-02155 1.7 6/28/2021 PDF 1.7 MB
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
Select All
IPexpress Quick Start Guide
8/5/2010 PDF 304.8 KB

*By clicking on the "Notify Me of Changes" button, you agree to receive notifications on changes to the document(s) you selected.

Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.