EP560: SD/SDIO MMCスレーブ・コントローラ

EP560は、SDメモリ・カード、SDIO及びMMCインターフェース用のスレーブ・コントローラです。コントローラは、SDメモリ、SDIOもしくはSDコンボ・カード内に配置されるよう設計されています。実際のカードの機能を備えるSDバス及びユーザ・ロジック間のインターフェースとして機能します。

EP560は、0~25MHzの可変クロック・レートや1~4ビットのデータ幅をサポートする柔軟性に富むアーキテクチャです。最速12.5Mbyte/sec(100Mbs)のデータ・レートが、SDインターフェースで実現可能です。プラグ・アンド・プレイ、自動検出、エラー訂正、書き込み禁止等の特長がSDカード・インターフェースに備わる標準です。

スレーブ・デバイスとして、SDスレーブ・コントローラはSDインターフェースを介してホストからコマンドを受信します。ほとんどのコマンドは、ユーザ・ロジックの介在なしでコントローラ内で処理されます。標準SDレジスタ・セットの大部分は同様にスレーブ・コントローラ内に実装され、ユーザ・ロジックの介在なしでコアにより処理されます。

コントローラ・コアに対するユーザ・ハードウェア・インターフェースにいくつかのオプションがあります。通常のDMAモードでは、EP560はデータをユーザのメモリとSDホストの間で転送するバス・マスタです。オプションの割り込みモードでは、EP560とユーザ・ロジック間のやり取りは割り込みによる制御です。

EP560を利用することで、SDカード・インターフェースは僅かな開発費用で実現可能です。設計者はシステムアーキテクチャの他の部分を変更することなしでEP560モジュールを追加して、SDメモリとSDIOインターフェースをシステムに追加できます。

詳細はデータシートをご覧下さい。

特長

  • SDIO、SDメモリ・カード及びMMCインターフェース用のスレーブ・コントローラ
  • SD/SDIO仕様2.0と相互互換で、1及び4ビットのデータ転送
  • MMC8ビットデータ幅をサポートするオプション
  • DMAモード及び割り込みモード
  • 標準容量と高容量(SDHC)メモリ・カードの両方の標準をサポート
  • 高速モードで、SDで最速25Mbyte/sec、MMCで最速50Mbyte/secの転送速度をサポート
  • 512~16Kbyteの選択可能な最大ブロック・サイズ
  • 各IO機能には最大4096バイトのデータ・バッファを含む
  • オプションのWishboneバス互換
  • AHB、APB、SH4及び汎用ユーザ・インターフェースのオプション

Jump to

ブロック ダイアグラム

パフォーマンスとサイズ

次の表は典型的な性能と利用結果です。

デバイス 利用 性能
(MHz)
スライス パーセンテージ
LFE2-50E 2132 9 102
LFE2M-50E 2131 9 97
LFXP15C 2067 27 68
LFXP2-17 2132 26 88
LFSC3GA15E 2228 10 145

Ordering Information

This IP core is supported and sold by Eureka Technology, contact Eureka Technology at info@eurekatech.com or visit their website at www.eurekatech.com for more information.

ドキュメント

Quick Reference
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
Eureka: EP560 SD / SDIO / MMC Slave Controller
4/15/2008


Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.