サーキットボードの障害監視およびロギング

Reference Design Logo

マイクロプロセッサまたはコンピュータを使用するシステムでは、通常、たくさんの電源があります。電源装置が故障した場合、電力マネージャ回路は、最低でもシャットダウンを強制することがあります。メンテナンスおよびトラブルシューティングをするためには、どの電源が故障したか、および故障状態の種類(過電圧または過小電圧)を知る必要があります。

プラットフォームマネージャのリファレンスデザインは、電源の故障原因を不揮発性メモリに記録して、障害を後で読み直すことができるソリューションを提供します。このソリューションは、プラットフォームマネージャおよび外部の不揮発性SPIのFlashメモリに基づいているので、高速で信頼性が高く、コスト効率が高いソリューションです。このリファレンスデザインは、プラットフォームマネージャ開発キットと互換性があります。

特長

  • 異なる電源の監視および制御
  • 複数のモニタチャネルの障害検出と状態出力

Jump to

ブロックダイアグラム

性能およびサイズ

検証済みデバイス* FPGA
LUT
CPLD
マクロセル
CPLD
製品の利用規約
VMON I/O タイマー HVOUT 改訂版
LPTM10-12107 400 31 147 3 60 2 - 1.0

パワーマネージャ2、II障害ロガ、MachXOのリファレンスデザインRD1060も参照してください。

* 他のデバイスでも動作する可能性があります。

注意:上記の性能と設計サイズは見積もりです。実際の結果は、選択されたパラメータ、タイミング制約、および実装デバイスによって異なる場合があります。詳細については、設計のドキュメントを参照してください。 他に明記のない限り、すべてのコーディングおよび設計作業はPCプラットフォーム上で行われました。

ドキュメント

Technical Resources
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
Select All
Error Logging Using Platform Manager Source Files
RD1077 1.0 9/28/2010 ZIP 372.9 KB
Error Logging Using Platform Manager Documentation
RD1077 1.0 9/28/2010 PDF 422.5 KB

*By clicking on the "Notify Me of Changes" button, you agree to receive notifications on changes to the document(s) you selected.