LT-125 ビデオコーデック評価プラットフォーム

LT-125は、Enciris Technologies社のHDおよびSDビデオ圧縮および復元IPの評価用のラティスECP3 FPGAベースのボードです。LT-125はFPGAアプリケーションで、高性能のh.264/AVCおよびVC-1のコーディング、エンコーディングを実証するよう設計されました。

このボードはHDMI入力、シングルおよびデュアルリンク機能を備えたDVI入力、およびSMPTE 3G / HD / SD-SDI入力が搭載されています。これらの入力は、1つまたは複数チャンネルのビデオキャプチャや取得に使用できます。HDMI出力はパススルーまたはアプリケーションの暗証解読のディスプレイを提供します。LT-125はビデオ処理にFPGA技術を使用するため、非常に柔軟性があり、多くの動作のために構成することができます。Enciris Technologies社は、さまざまなFPGA構成を使用してLT-125の動作モードを変更するツールを提供しています。提供されたLT-125構成はフル機能を備えており、当社の標準h.264およびVC-1 IPには含まれていない追加機能を備えています。

シングルチャネルH.264圧縮、デュアルチャネルH.264圧縮、デュアルチャネルVC-1圧縮など、複数の構成が利用可能です。一部の操作モードはまだ開発中で、さらに多くのモードが追加される予定です。デモアプリケーションは使いやすく、操作モードのデモも含まれています。LT-125は、ラティスのECP3-150と4つの32ビットモバイルDDRのリソースを使用し、最大3080フレーム/秒の1080p HDTVを最大2つまでか、または60フレーム/秒の1080pの1つのチャネルに圧縮できます。最大HDTVの4チャネルはLT-125でデータを復元することができます。

特長

  • Enciris Technologies社のH.264 および VC-1ビデオ圧縮および復元IPの評価用プラットフォーム
  • ビデオ処理向けの150KLUTの強力なラティスECP3 FPGA使用
  • DVIシングルおよびデュアルリンクビデオ入力装備
  • SMPTE 3G/HD/SD/SDIビデオ入力装備
  • HDMIビデオ入力装備
  • HDMIビデオ出力装備
  • B型のUSB2.0ケーブルを介したホストPCへ接続
  • 数秒でさまざまな操作モードを完全に再構成可能
  • USBを介してFPGA構成ビットストリームで直接アップロード可能。JTAGは必要ありません。
  • 簡単なセットアップ
  • 迅速な評価と構成用のPCベースのアプリケーションを含む
  • Windows XP/Vista/7 32/64ビット対応
  • Linux and Mac OSX 対応
  • DirectShowを含む簡単なSDKを使用して、LT-125周辺のカスタムアプリケーションを開発可能
  • OEMの数量と価格でも入手可能
  • カスタマイズ可能

アプリケーション

  • HDTV キャプチャおよびストレージ
  • デジタルビデオレコーダ
  • ビデオ医療システム
  • 内視鏡検査用のDVR
  • ビデオ監視システム
  • インターネット放送
  • テレビ会議
  • LANを使ったビデオ

Jump to

ボード写真

側面図

画像をクリックすると拡大します

注文情報

  • 発注コード: LT-125
  • ボードはEnciris社より直接購入できます

ドキュメント

Quick Reference
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
LT-125 User Manual
2.0 8/1/2012 PDF 1.5 MB


サポート

Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.