センサインターフェースと処理

オールウェイズオンで低消費電力のセンサーハブ

オールウェイズオン、センサベースのアプリケーション実装を簡素化します。メインシステムプロセッサと複数のI2Cインタフェースからデータを収集し、バッファリング、複数のセンサデータからの複雑なイベントに基づくイベントトリガ、スピードが重要なアプリケーションのタイムスタンプ、その他多くの可能なシナリオを含むデータの前処理用に設計されています。

貴重なバッテリ寿命を最大化する低消費電力設計-超低消費電力iCE40技術はオールウェイズアプリケーション向けに理想的です。このセンサハブは、アプリケーションプロセッサへの不必要な通信を削減し、長期間にわたってスリープモードを維持し、貴重なバッテリ寿命を維持します。

カスタマイズ可能なセンサソリューションーデフォルトセンサを使用した完全なソリューションとして使用することも、特定のアプリケーション用にカスタマイズすることもできます。

Sensor Hub Diagram

機能

  • アプリケーションプロセッサのスリープ時間を長くするため、多くのセンサーを監視
  • バッファセンサデータ
  • SPIバスを介してアプリケーションプロセッサへ送信されたセンサデータを集約
  • I2Cバス介してセンサに接続
  • 幅広いセンサ向けに設定可能
  • デフォルト対応のセンサ:
    • デジタル圧力センサ
    • RGB色、赤外線、温度センサ
    • 湿度や温度センサIC
    • 3Dアクセラレータと3Dジャイロスコープ
    • 3Dアクセラレータと3D磁力計

リンクに飛ぶ

ブロックダイアグラム

ドキュメント

Technical Resources
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
Sensor Interface and Preprocessing Reference Design - Documentation
FPGA-RD-02048 1.3 9/26/2018 PDF 1.4 MB
Sensor Interfacing and Preprocessing Reference Design - Source Code
1.3 9/26/2018 ZIP 1.4 MB


Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.