RGBからMIPI DSIディスプレイインターフェースブリッジ

モバイルディスプレイインターフェースで従来のプロセッサと接続

多くのモバイルディスプレイはインターフェイスの接続にはMIPI DSIなどの業界基準のインターフェースを利用しています。従来のプロセッサはしばしば、ブリッジなしでモバイルディスプレイに直接接続できないMIPI DPIまたは CMOSインターフェースを搭載しているときがあります。新しいアプリケーションは従来のイメージセンサーの持つ特別な要件と能力を利用しながら、革新したモバイルの技術も利用したいと考えています。

最大300MbpsのCMOSインタフェースを持つプロセッサを最大6GbpsのMIPI DSIに変換できるプログラマブルビデオインタフェースブリッジ機能です。

このブリッジの簡単な構成とセットアップはLattice Diamond®の無料IPから利用できます。

特長

  • 最大6 GbpsでMIPI CSI-2入力・出力に対応:1,2または4データレーン
  • 最大300 MHzでパラレルMIPI DPI, CMOS, RAWおよびRGBインターフェース対応
  • CSI-2対応のビデオフォーマットをサポート(RAW,RGB,YUV)
    • 8-bit YUV420/422
    • 10-bit YUV420/422
    • 8-bit RAW8
    • 10-bit RAW10
    • 12-bit RAW12
    • 24-bit RGB888
  • DSI対応のビデオフォーマットをサポート(RGB)
    • 18-bit RGB666
    • 24-bit RGB888
  • クロックモードにつき複数ピクセル対応
    • RAW8/10/12は10, 8, 6, 4, および 1ピクセル
    • RGB888/666は4, 2, および 1 ピクセル
  • ディスプレイをプログラムするDCS(Display Command Set)コントローラーの提供、ROMデータはHSかLPDTモードのDSIにのみ利用―ROMはユーザーによってブログラム可能
  • 設定可能な2ビットVC(仮想チャネル)、6ビットDT(データタイプ)、そして16ビットWC(ワードカウント)
  • 送信パケットシーケンスの際にSyncイベント発生しても非バーストモード対応
  • MIPI D-PHY v1.1仕様への準拠
  • CSI-2 v1.1仕様への準拠

ブロックダイアグラム

ドキュメント

Quick Reference
Information Resources
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
Select All
CMOS to MIPI D-PHY Interface Bridge Soft IP User Guide
FPGA-IPUG-02007 1.4 5/10/2019 PDF 2.4 MB
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
Select All
CROSSLINK の新しい使い方と幅広い有用性について
WP0009 1.1 11/10/2017 PDF 553.4 KB

*By clicking on the "Notify Me of Changes" button, you agree to receive notifications on changes to the document(s) you selected.

CrossLinkのデザインリソース

開発キット&ボード

当社の開発キットとボードで設計プロセスの合理化

IP&リファレンスデザイン

プレテスト・再利用可能な機能を利用した設計作業の簡素化

アプリケーションノート

当社のFPGAsおよびに開発ボードのラインナップを最大限に活用する方法について

ソフトウェア

使いやすい完全な設計フロー