1入力から1出力MIPI CSI-2カメラリピーターブリッジ

非理想的な経路でもシームレスな伝送を保証

モバイルカメラとプロセッサーは数々の斬新なアプリケーションで利用されています。MIPI CSI-2 から MIPI CSI-2の設計は、カメラとホストプロセッサーの間のトレース、コネクター、フレックスケーブルの長さを延長するリピーターとして時々必要とされます。場合によっては、特定のイメージセンサーからのショート・ロングパケット伝送のタイミングに問題があり、アプリケーションプロセッサーがそのデータを受信するためにイメージを修復する必要があります。

ラティスのCrossLink™はこれらの問題を解決し、PHYあたり最大6 Gbpsで複数のMIPI CSI-2インターフェースを提供できるプログラマブルビデオインターフェースブリッジです。このブリッジの簡単な構成とセットアップはLattice Diamond®の無料IPから利用できます。

特長

  • MIPI D-PHYあたり最大6 GbpsでMIPI CSI-2対応:1,2または4データレーン
  • 1または2 MIPI CSI-2出力が可能:MIPI CSI-2データが各出力ポートに複製される
  • 全てのMIPI CSI-2データの種類に対応:RAW, YUV, RGB, ユーザー定義
  • MIPI D-PHY v1.1仕様への準拠
  • CSI-2 v1.1仕様への準拠

ブロックダイアグラム

ドキュメント

Quick Reference
Information Resources
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
Select All
1:2 and 1:1 MIPI CSI-2 Camera Interface Bridge Soft IP User Guide
FPGA-IPUG-02019 1.1 5/10/2019 PDF 2.2 MB
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
Select All
CROSSLINK の新しい使い方と幅広い有用性について
WP0009 1.1 11/10/2017 PDF 553.4 KB

*By clicking on the "Notify Me of Changes" button, you agree to receive notifications on changes to the document(s) you selected.

CrossLinkの設計リソース

開発キット&ボード

開発キット&ボードで設計プロセスを効率化

IP&リファレンスデザイン

プレテスト・再利用可能な機能を利用し、設計作業を簡素化できます

アプリケーションノート

当社のFPGAおよびに開発ボードのラインナップを最大限に活用する方法について

ソフトウェア

使いやすい完全版設計フロー