CLP-11極小AES

Elliptic LogoNISTはハードウェアとソフトウェアに効果的に実装できる新しい暗号を標準化しました。これは暗号化の基本となりつつあり、Ipsec, 802.11i, 802.15と802.16や他のものに含まれます。EllipticのAES(Advanced Encryption Standard)ブロックはシリコンで完全に検証済みで量産出荷されています。CLP-11はコストが重要事項のアプリケーションに完璧な非常に小さいシリコン・エリアで暗号化、暗号解読とキー拡大を実行する高性能な暗号ブロックです。

AES(Advanced Encryption Standard)アルゴリズムはラインドール・アルゴリズムの一部です。今日の計算能力を利用した強引な攻撃には暗号化が完全でないDESのために、代わりのアルゴリズムとしてNISTによって選択されました。AESアルゴリズムは128ビット・ブロック暗号で、3つの違うキー・サイズ、128、192と256ビットをサポートします。

CLP-11実装は完全に全てのキー・サイズ用のAESアルゴリズムをサポートします。設計のゴールは1 Mbps - 40 Mbpsの処理能力に適した非常に小さいシリコン・フットプリント内で設計を行うことでした。他の小さなゲート・カウント・コアとは違って、CLP-11はキーの拡大、暗号と復号を含む完全な暗号操作を実装します。CLP-11は基本のモードAES-ECB(Electronic Code Book)を使用しています。コアはCBC, OFB, CRB, CTR, CCMのような他のAESモードを。

サポートする増設ロジックでラッピングが可能です。コアは次の3モードのうち1つで動作します:

  • キー・アップデート - キーをパスして暗号動作用にキーを拡大
  • 入力の暗号プレーンテキストを暗号テキストの出力へ
  • 入力の復号された暗号テキストをプレーンテキストの出力へ

特長

  • 電子コード・ブック・アルゴリズム
  • 必要であればオプションでCBCモード用サポート
  • 32ビット・データとコントロール・バス・インターフェース
  • 128、196と256ビット・キーをサポート
  • キー・データからキー・コンテキストの自動生成
  • NIST FIPSベクターを通し検証されたコアは完全で確実な標準準拠

Jump to

ブロック ダイアグラム

パフォーマンスとサイズ

デバイス スピード・グレード スライス Fmax 処理速度
ECP -5 1917 33 MHz 16 Mbps1
XP -5 2995 58 MHz 29 Mbps1

1 128ビット・キー用処理能力

Ordering Information

This IP core is supported and sold by Elliptic Tech, contact Elliptic Tech at info@elliptictech.com or visit their website at www.elliptictech.com for more information.