CAN-CTRL

CAN 2.0 & CAN FD バスコントローラコア

Cast Logoシリアル通信CANバスコントローラ、CAN 2.0およびCAN FD仕様とともに、Boschプロトコル仕様に対応しています。このコアは、Peli-CANモード拡張機能を使用しているPhilips SJA1000と同様の機能を実装し、エラー解析、診断、システムメンテナンス、最適化機能を提供します。

CANコアは使いやすく統合が容易で、プログラム可能な割り込み機能、データとボーレート、単独でプログラム可能な受け入れフィルタの設定数、汎用プロセッサインタフェース、オプションでAMBA APBまたはAHB-Liteインタフェースが搭載されています。このIPコアは柔軟なバッファリング方式を採用しており、特定のアプリケーション要件を満たすコアサイズの微調整が可能です。

CANコアは、複数の生産設計で幅広く検証され、実証されています。

  • CAN 2.0 & CAN-FD(ISO 11898-1.2015および初期のISO、Bosch仕様)
  • エラー解析機能を備えた機能強化により、診断、システムメンテナンス、最適化
  • 聞き取りのみモードでは、CANバストラフィック解析と自動ビットレート検出、自己検査用ののループバックモードが可能
  • 追加のECCメモリとタイムスタンプによってCiA603規格も準拠
  • 構成可能な受け取りバッファー数を備えた柔軟なメッセージバッファリング

CAST社のCAN-CTRLの詳細はこちらをご覧ください

リンクに飛ぶ

ブロックダイアグラム

性能とサイズ

ファミリ & デバイス CAN-FD対応 ロジック使用率 ブロック RAM ホストクロック(MHz) CANクロック (MHz)
iCE5LP4K/ UP5K あり 3,883 LCs
544 PLBs
6 42 25
iCE5LP4K/ UP5K なし 2,932 LCs
452 PLBs
6 42 25
MachXO2
7000HC
あり 1,530 Slices
3,025 LUTs
4 59 23
MachXO2
7000HC
なし 1,248 Slices
2,466 LUTs
0 62 29

注文情報

このIPコアはCASTにより販売・サポートされています。詳しい情報はsales@cast-inc.com にてCASTにお問い合わせ頂くか、www.cast-inc.comをご覧ください。

ドキュメント

Quick Reference
Information Resources
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
CAN-CTRL CAN 2.0 & CAN FD Bus Controller Core Data Sheet
5/3/2016 COM/INTERFACES/AUTOMOTIVE-BUS-CONTROLLERS/CAN-CTRL/
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
CAST’s CAN-CTRL Product Brief
1.0 5/16/2018 PDF 131.7 KB

*By clicking on the "Notify Me of Changes" button, you agree to receive notifications on changes to the document(s) you selected.

Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.