ギガビット・インフラストラクチャー

消費者、企業、都市はデータ需要の増加を推進しており、既存の都市データネットワークは飽和状態にあります。ミリ波帯で動作する次世代無線ネットワークは、コストをかけず、ファイバのインストールの困難なくデータ容量を追加することができます。ラティスのGigaRayミリ波ソリューションはワイアレスインフラアプリケーションに最適化されています。

  • ほとんどの地域においてライセンス不要で60 GHz帯動作ができるため、リンク導入に伴う規制上の負担がなくなります
  • 2GHzチャネルを使用することにより、いくつかの都市ブロックにわたって高いデータ容量が可能になります。
  • 60GHz帯独自の伝送特性により、大規模なスペクトル再利用が可能です。
  • ラティスの発達した高性能な電子ビームステアリングは、リンクのインストールおよびメンテナンスにネットワーク事業者が負担する時間とコストを大幅に削減します。
  • 規制の承認を得たGigaRayモジュールは、60 GHzリンク統合の不確実性を取り除き、通信機器サプライヤーは製品を市場に迅速に届けられるようになります。

ブロックダイアグラム

固定ワイアレスブロードバンドおよびアクセス

  • 固定ネットワークにおけるデータ需要増加により、ネットワークエッジでの容量要件を促進しています
  • 固定ワイアレスはスタンドアローンか、もしくは高速ブロードバンドを提供するハイブリッドファイバーワイアレスの一部として使用されます
  • 固定ワイアレスアクセスはWi-FiやCBRSのような他帯域で動作するリンクを含むことができます
  • 固定ワイアレスブロードバンドバックホールおよびアクセス向けのGigaRayモジュールとデバイスについてはこちら

メトロWi-Fi/LTEスモールセルワイアレスバックホール

  • とくに都市部におけるモバイルデータ需要の増加は、4G LETスモールセルとWiFiホットスポットの導入を促進させます
  • これらのノードは、需要地点に位置し、ワイアレスリンクの動的メッシュを通じてコアネットワークに接続することができます
  • さまざまなモバイルアクセスサービスは、ライセンス、もしくはライセンスなし、または共有スペクトル帯域で対応します
  • メトロWiFi/LTEスモールセルワイアレスバックホール向けGigaRayモジュールとデバイスについてはこちら

キャンパス/スマート都市インフラ

  • 組織が成長し、多層建築キャンパスが拡大していくにつれて、建物内のネットワークを相互接続する必要があります
  • 都市は内部ネットワークを監視し、制御するサービスと接続しなければなりません
  • ワイアレスバックホールはデータ通信量のパターンに応じてリンクが確立されるため、これらを実現することができます
  • キャンパス/スマート都市インフラ向けGigaRayモジュールとデバイスについてはこちら

デザインリソース

ビデオ

CES Neil Wireless backhaulExpand Image

ラティスのワイヤレス・インフラソリューション

メトロWi-Fi、バックホール用LTE小型セル、または次世代ワイヤレスメッシュネットワークの実装に取り組むサービスプロバイダは、SiBEAM 60 GHzテクノロジで構築されたラティスのワイヤレスソリューションでもっと便利に。当社のビームステアリングはリンクを確立するための正確な位置合わせは必要ありません。