ジェスチャーと位置追跡

現実をコントロールしよう

ジェスチャーと位置の相互作用はVR体験をもっとリアルにするためのキー。ユーザの動作を正確に把握するためには、パラレルデータの取得と処理が不可欠です。

ラティスの幅広いプログラム可能の製品は、複数のビデオストリーム、センサアレイからのデータを取得して前処理し、ハードウェアとソフトウェアの計算を簡単に釣り合わせる機能を提供できます。

Jump to

ブロックダイアグラム

iCE40を用いたセンサーベースのジェスチャー追跡

  • 正確で精密な追跡をするためのマルチセンサ同時取得とデータ処理
  • 低電力、スモールフォームファクタ、低コスト
  • PC操作を統合し、タイムスタンプなどの簡単な前処理をする柔軟性

センサーマネジメントについて詳しい情報はこちら 

ビジュアルベースのジェスチャー追跡

  • HiSPi、サブLVDS、またはMIPI CSI-2インターフェースプロトコルを介して、複数のイメージセンサと直接インターフェースで接続できる複数の製品ファミリ
  • 設計をより簡素化するビデオ前処理IPと開発キットが入手可能
  • 幅広いプログラマブル可能なロジック密度、統合された組む込み機能により、あなたのアルゴリズムに対応

詳しい情報は下記をご覧ください

ジェスチャーと位置追跡のデザインリソース

サポート