MachXO2ブレークアウトボード

MachXO2の全I/Oを引き出している簡易な低コストボード

MachXO2ブレークアウトボードは、高密度なI/Oに簡単にアクセスできるシンプルで低コストなボードです。デバイス上の各I/Oが100milのヘッダ穴に接続されています。このボードにテストプローブ、ジャンパ線、またはピンヘッダを追加すると、MachXO2のsysIOバッファ経由で機能と性能を簡単に評価できるようになります。

このボードのフォームファクタは3x3インチで、電源及びプログラミング用のUSBミニBコネクタ、LEDアレイが搭載され、プロトタイプエリアが用意されています。USBケーブルがキットに付属し、デモをダウンロードできます。ラティスの無償設計ツール を使用すると、MachXO2を再プログラムし、独自のカスタム設計を確認できます。

2013年1月に本ボードはMachXO2-7000HEデバイスを搭載した新規になりました。これまでの版はMachXO2-1200ZEでした。MachXO2-7000HEはパッケージサイズが同一ながら論理規模は5倍で、かつ内部動作速度も高速版になっています。本ページで紹介しているリソースや資料には、既に現状のMachXO2-1200ZE版ユーザのためのものも含まれています。MachXO2-1200ZEを搭載するボードをご希望の場合は、MachXO2ピコ開発キットをご参照ください。

特長

  • LCMXO2-1200ZE-1TG144Cデバイス/パッケージ
    注:LCMXO2-1200ZE-1TG144C搭載の旧版のボード
  • プログラム済みハードウェアテスト・プログラム(ソースはダウンロード可能))
  • LED
  • 拡張ヘッダ用ランド
  • プロトタイピングエリア
  • USBミニBコネクタ(プログラム/電源)
  • JTAGヘッダ用ランド
  • RoHS準拠

Jump to

キット内容

  • キット付属品
  • MachXO2ブレークアウトボード
  • 電源及びプログラミング用USBミニケーブル

ボード写真

上面ビュー

画像をクリックすると拡大

裏面ビュー

画像をクリックすると拡大

発注情報

  • 発注品番: LCMXO2-1200ZE-B-EVN
    注:こちらがLCMXO2-1200ZE-B-EVNから置き換わります
  • お近くのラティス正規代理店についてはこちらをクリック
  • ラティス・オンラインストアから注文する場合はこちらをクリック

ドキュメント



Support

Technical Support

Need Help? We're Here to Assist You

Quality & Reliability

Reference Material to Help Answer Your Questions