I2C (Inter-Integrated Circuit) スレーブ/ペリフェラル

Reference Design LogoI2C(Inter-IC)バスは、簡易で低バンド幅、そして短距離用のプロトコルです。これは断続的にアクセスされるペリフェラル・デバイスがあるシステムでよく使用されます。これはボード上配線が最短となることが望まれるようなシステムの、一般的な通信ソリューションです。

本参照デザインはFPGAやCPLD内へのI2Cスレーブモジュールの実装です。I2C仕様に準拠し、デバイス・アドレシングやリード/ライト動作、およびアクノレッジ機構を備えます。本参照デザインにより、システム内のどのようなコンポーネントでも、直ちにI2C互換インターフェイスを加えることができます。FPGAやCPLDデバイスのプログラム性という特長は、I2Cスレーブデバイスをいかなる有効なスレーブアドレスにも構成できる柔軟性を提供します。これによりI2Cバス上で複数のスレーブデバイス相互がアドレス衝突することを避けられます。

Jump to

ブロック ダイアグラム

パフォーマンスとサイズ

デバイス ファミリ デバイスをテスト* 性能 I/Oピン サイズ リビジョン
ispMACH® 4000ZE LC4128ZE-5 >15MHz 26 48 マクロセル 1.3
MachXO™ LCMXO256C-3T100C >15MHz 26 57 LUTs 1.3
LatticeECP3™ LFE3-17EA-6FTN256C >15MHz 26 69 LUTs 1.4
LatticeXP2™ LFXP2-5E-5M132C >15MHz 26 90 LUTs 1.4
Platform Manager™ LPTM10-12107-3FTG208CES >15MHz 26 57 LUTs 1.3

*これ以外のデバイスでも動作するかもしれません。

注: 上に示された性能とリソースサイズは見積りです。選択されたパラメータ、タイミング制約、およびデバイス・インプリメンテーションに依存して、実際の結果は異なるかもしれません。詳細に関してはデザインのドキュメントを参照してください。特に注記がない限り、すべてのコード記述と設計作業はPCプラットホームで行われました。

Documentation

Technical Resources
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
I2C (Inter-Integrated Circuit) Slave/Peripheral - Documentation
RD1054 1.6 12/1/2014 PDF 801.5 KB
I2C (Inter-Integrated Circuit) Slave/Peripheral - Source Code
RD1054 1.6 12/12/2014 ZIP 764.8 KB


Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.