SubLVDS - MIPI CSI-2 イメージセンサ・ブリッジ・リファレンスデザイン

産業機器・A/V機器向けイメージセンサーをモバイルアプリケーションプロセッサに接続

ほとんどの汎用アプリケーションプロセッサは業界標準の MIPI CSI-2 を使用しています。しかし、産業機器・A/V 放送機器向けのハイエンド向けイメージセンサは、SubLVDS インタフェースを使用することがあります。モバイル機器産業はアプリケーションプロセッサの進化を加速させ、コストダウンや低消費電力化を実現しました。多くの新しいアプリケーションは、SubLVDS インタフェースのイメージセンサーを使用しながら、進化したモバイル向けプロセッサを活用したいと考えています。

CrossLink ファミリ用の SubLVDS - MIPI CSI-2 イメージセンサ・ブリッジ・リファレンスデザインを使用することで、インタフェース変換機能の要求仕様を満たすことが可能です。このリファレンスデザインは無償で提供されます、また、バイト - ピクセル変換 と SubLVDS イメージセンサーレシーバCSI-2 / DSI D-PHY トランスミッタを含む CrossLink ファミリ用モジュラー IP が使用されています。

特長

  • 4、6、8、10 レーンの SubLVDS 入力から 1、2、4 レーンの MIPI CSI-2 出力をサポート
  • 1 レーンあたり 最大入力バンド幅 1.2 Gbps
  • 1 レーンあたり 最大出力バンド幅 1.5 Gbps
  • 回路動作中に I2C 経由で内部パラメータ設定の変更可能
  • オプションで映像の部分切り取り(クロッピング) をサポート

Jump to

Block Diagram

CrossLink Modular IP Support Table

Documentation

Technical Resources
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
SubLVDS to MIPI CSI-2 Image Sensor Bridge Reference Design - Documentation
FPGA-RD-02061 1.1 9/30/2019
SubLVDS to MIPI CSI-2 Image Sensor Bridge Reference Design - Source Code
1.0 7/10/2019


Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.