ロングレンジ(LoRa)ワイアレス

処理されたセンサデータを送信LoRa対応の無線機でコントロール

ロングレンジ(LoRa)はエッジでIoTデバイスをサーバ/クラウドに接続されたゲートウェイのネットワークに接続するための低電力ワイアレス伝送プロトコルであり、ユーザは継続的なデータ収集し、分析して消費者の利便性を向上させることができます。

IoTアプリケーションは、LoRaデバイスに接続されたセンサーを利用して、財産の監視およびリソース消費の測定、温度、圧力、汚染レベルおよびその他の環境変数の監視、火災または特定の音検出が可能です。この技術は、自動車、街路灯、産業機器、住宅など多くのアプリケーションで活用され、あらゆるものあが繋がるスマートシティを創り出します。

The iCE40 UltraPlus FPGAを使用すると、LoRa準拠のデバイスを実装できます。柔軟なI/Oを介して様々なタイプのセンサーに接続し、周辺機器のブロックを組み込むことができます。さらに、マシン学習/人工知能などのリファレンスデザインをしようしてスマートエッジデバイスを作成することもできます。

特長

  • RISC-VプロセッサとアクセラレータをしようするLoRA対応デバイス
  • 様々な種類のセンサーに接続する機能
  • 様々なセンサーからデータを収集し、分析するマシン学習IPの追加が可能(オーディオ、画像、心拍センサー等)
    • 声/音処理(犬の鳴き声、窓の破損、火災警報など)
    • 健康モニター