オブジェクトカウント

Lattice sensAIリファレンスデザイン

リファレンスデザインはLattice sensAIスタックを基にしたオブジェクトカウントアプリケーション実装例を提供しています。SPI、DDRメモリインターフェースIPブロック、画像信号処理エンジン、8つのCNNアクセラレーションエンジン、検出された果物の数を数えて表示するためのカウントおよびオーバーレイエンジンが含まれています。

このリファレンスデザインはECP5-85 FPGA向けに最適化されています。FPGAは外部フラッシュメモリから取り込まれますが、ウェイトおよびバイアスは、SPIインターフェースに接続されたSDカードから取り込まれます。

特長

  • オブジェクトをカウントするためのリファレンスデザイン例
  • ラティスによる果物のデータセットを基にしたウェイトとアクティベーションを使用
  • 224 x 224RGB入力を1fbsで起動
  • ECP5合計でわずか0.85Wの電力消費
  • アクティベーションの保存に使用される内部EBRブロック。DRAMアクセスを最小限に抑えます。
Lattice sensAI

リンクに飛ぶ

ブロックダイアグラム

ビデオ

Object Counting Using ECP5 and CNNsExpand Image

ECP5およびCNNを使ったオブジェクトカウント

  • このデモではオブジェクトカウントを実証するためにリンゴとオレンジを集計します
  • エンベデッドビジョン開発キットのECP5 FPGAに実装された8つの畳み込みニューラルネットワークを使用して推論が行われます
  • 消費電力はわずか1W以下です

ドキュメント

Quick Reference
Technical Resources
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
ECP5 Object Counting Quick Start Guide
FPGA-AN-02006 1.1 6/17/2019 PDF 1.5 MB
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
Object Counting Using CNN Accelerator IP
FPGA-RD-02058 1.0 5/21/2019 PDF 2.7 MB
Object Counting Using CNN Accelerator IP - Project Files
1.0 5/21/2019 ZIP 213.2 MB


Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.