MIPI DSIからRGBディスプレイインターフェースブリッジ

ほとんどのモバイルプロセッサはインターフェースの接続にMIPI DSIのような業界規格のインターフェースを使用しています。従来のディスプレイにはしばしば、ブリッジなしではモバイルアプリケーションプロセッサに直接接続できないMIPI DPIやCMOSインターフェースが使われています。多くの新しいアプリケーションは特定の要件と性能を備えた、より大きいディスプレイを活用すると同時にモバイルの革命を利用したいと考えています。

ラティスのCrossLinkはMIPI DSIインターフェースを備えたプロセッサを最大6 GbpsでCMOSインターフェースに変換することができるプログラマブルビデオインターフェースブリッジです。このブリッジの簡単な構成とセットアップはLattice Diamond®の無料IPから利用できます。

特長

  • 最大6 GbpsでMIPI DSI及びMIPI CSI-2出力対応 :
    • 1,2もしくは4データレーン
  • 150Mhz以上のパラレルMIPI DPI, CMOS, RAW及びRGBインターフェースをサポート
  • CSI-2対応のビデオフォーマットをサポート(RAW, RGB, 及び YUV) :   
    • 8ビットYUV420/422
    • 10ビットYUV420/422
    • 8ビットRAW8
    • 10ビットRAW10
    • 12ビットRAW12
    • 24ビットRGB888
  • DSI対応のビデオフォーマットをサポート(RGB) :
    • RGB888
    • RGB666
  • MIPI D-PHY v1.1仕様への準拠
  • DSI及びCSI-2 v1.1仕様への準拠

ブロックダイアグラム

ドキュメント

Quick Reference
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
MIPI D-PHY to CMOS Interface Bridge Soft IP User Guide
FPGA-IPUG-02004 1.3 2/21/2017 PDF 1.9 MB


Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.