1入力から1出力 MIPI DSIディスプレイインターフェースブリッジ

モバイルプロセッサやディスプレイは数々の斬新なアプリケーションで利用されています。MIPI DSIからMIPI DSIへのパススルー設計は

最新のMIPI DCS構成を新タイプのディスプレイに提供するときや、新しい解像度にスケーリングやトリミングをするとき、またはプロセッサとディスプレイ間の距離を延長しなければならないシステムのリドラバとして必要になることがあります。

他の使用例としては、あるシステムではモバイルプロセッサとディスプレイが互いに遠く離れてしまい、結果的にMIPI DSIからMIPI DSIのリドライバが結果的に必要になるときです。

ラティスのCrossLinkはPHYあたり最大6 Gbpsで複数のMIPI DSIインターフェースを提供可能なプログラマブルビデオインターフェースブリッジ機能です。

このブリッジの簡単な構成とセットアップはLattice Diamond®の無料IPから利用できます。

特長

  • MIPI D-PHYあたり最大6 GbpsでMIPI DSIをサポート
    • 1,2または4データレーン
  • 1または2MIPI DSI出力を提供
    • MIPI DSUデータを各出力ポートで複製
  • すべての種類のMIPI DSIデータをサポート
    • RGB, YCbCr,ユーザ定義
  • ディスプレイをプログラムするDCS(Display Command Set)コントローラーを提供、ROMデータはHSまたはLPDTモードでDSIのみ使用)-ROMはユーザによってプログラム可能
  • MIPI D-PHY v1.1仕様への準拠
  • CSI-2 v1.1仕様への準拠

ブロックダイアグラム

ドキュメント

Quick Reference
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
1:2 and 1:1 MIPI DSI Display Interface Bridge Soft IP User Guide
FPGA-IPUG-02001 1.4 5/10/2019 PDF 2.4 MB


Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.