iCEcube2設計ソフトウェア

超小規模デバイス用に超生産性の高い設計ツール

性能を最大限引き出し、リソース使用を最小化 ー iCEcube2は超小規模FPGAの能力を最大限引き出すように最適化されています。すなわち、より少ないリソースで最高の結果が得られます。

シンプルで直感的、そして容易 ー iCEcube2は使いやすい、効率的な設計フローを提供します。

ワールドクラスのシミュレーションと論理合成 ー iCEcube2ソフトウェアは、業界最先端のシミュレーション・ツールと論理合成ツールを統合しています。

概要

特にモバイル及びコンスーマ製品などの低コスト・低消費電力アプリケーションでは、ラティスのiCE40など超小規模FPGAへの移行が促進されています。このようなFPGAには独特の設計上の課題があり、コストと消費電力、及び市場投入期間の目標を達成できる、カスタマイズされた使いやすい設計ツールが必要とされています。生産性に優れるiCEcube2設計ソフトウェアにご期待ください。

超小規模FPGAの消費電力とコストを最適化

  • iCEcube2ツールは超小規模デザインに最適化
  • 特定のタスク用に合ったプロジェクトを作成
  • 設計ファイル及び設計制約をフロントエンドまたはバックエンド・プロセスに割り当て

思い通りに使えるツール

  • シンプル化された設計フローによる使いやすさの向上
  • シンプルな設計プロセス・ステップ
  • 完了したタスクをGUIでフィードバック
  • 標準的なGUI操作による直感的な機能

デザインをシミュレーション、論理合成して完了

  • 業界最先端のシミュレーション及び論理合成テクノロジ
  • 事前定義されたモジュールを使用することなく、論理合成の推論を使用
  • 論理合成ツール標準の設計制約入力機能
  • 論理合成ツール標準の回路図表示機能
  • 標準のHDLシミュレータを使用した論理検証

全てのツールを1つの設計フローで

  • 完結した設計環境
  • プロジェクト管理
  • 設計制約エディタ
  • フロアプランナ
  • パッケージビュー
  • 電力見積もり
  • 静的タイミング解析
  • 論理合成
  • シミュレーション
  • デバイス・プログラミング

Versions

iCEcube2 バージョン 2017.01

  • iCE40 Ultra および iCE40 UltraPlus用のVPP_2V5_TO_1P8V 合成機能を追加
  • SPIがない場合、SPI専用ピンの自動割り当てを拡張
  • iCE40 UltraPlusデバイスのRGB LEDドライバピン配置の問題を修正
  • iCE40 UltraPlusデバイスのI3Cシミュレーションモデルのバグを修正しました。

iCEcube2 バージョン 2016.12

  • iCE40UP5K – UWG30, iCE40UP3K – UWG30 及び iCE40UP5K – SG48のライセンス管理を廃止

iCEcube2 バージョン 2016.08

  • デバイスとパッケージの組み合わせにもサポートを追加
    • iCE40UP5K-UWG30
    • iCE40UP3K-UWG30
    • iCE40UP5K-SG48
  • プルアップ/弱プルアップ制約プロセスを備えたPin Constraint Editorを拡張
  • Windows 10 OS(32もしくは64ビット)のサポートを追加
  • ツールオプションを位置づけるためにPark Areaを追加
  • ICE40 UltraLiteデバイス用のVPP_2V5_TO_1P8V合成機能

iCEcube2 バージョン 2016-02

  • RAMカスケードモードのiCE40 および iCE40LMのバグ修正
  • I/Oに詰め込まれているレジスタの配置レポートの拡張。配置配線のあとGUIは正確に表示されます。

iCEcube2 バージョン 2015-08

  • Windows 8および8.1対応

iCEcube2 バージョン 2015-04

  • iCE40UL ファミリ – 現在、一般に利用可能
  • iCE40 Ultra (iCE5LP) ファミリ
    • 48 QFN パッケージ (パッケージ名:SG48)追加
    • CM36 パッケージ(パッケージ名: CM36)追加

iCEcube2 バージョン 2014-12

  • iCE40 Ultra (iCE5LP) ファミリ
    • DSP符号付きのアキュムレーター及びMULTADDSUB (乗算と、加算/減算)のインスタンシエーション。対応するSB_MAC16構成リストについては、「テクノロジーガイド」をご参照ください。
    • Synplify ProのSMB_MAC16推論(既存のLSEサポートに加えて)
    • ランタイム中のPLL再構成サポート
  • プログラミング
    • Diamond Programmerがしばしば iCE デバイスをプログラムするときに使用されます。混乱を避けるため、旧式のiCEcube2プログラマーがiCEcube2のインストールから削除されました。
  • Synopsys社のSynplify Pro Synthesisアップデート

iCEcube2 バージョン 2014-08

  • iCE40 Ultra (iCE5) ファミリのフルサポート-単一パッケージ(SWG30とUWG20は対象外)
    • デバイスとパッケージの組み合わせも利用可能
      • iCE5LP4K – SWG36
      • iCE5LP2K – SWG36
      • iCE5LP1K – SWG36
    • DSPブロックSB_MAC16 のサポート
      • 推論サポート(LSEのみ)
      • 既定義された50のSB_MAC16機械構成。対応する構成については『テクノロジーガイド』を参照ください。
    • SPI/I2C用のモジュール生成(Verilogのみ)
    • Power Estimator サポート
    • SB_LEDD_IPハードブロックの代わりにソフトロジックを使用してRGBを実装。このバージョンで、SB_LEDD_IPを使用する以前のデザインをSB_RGB_IPに移行する必要があります。

iCEcube2 バージョン 2014-04

  • iCE40LMデバイスのSPIおよびI2CハードIPプリミティブ専用ピンへのルーティングを修正
  • iCE40LP1K、iCE40HX1K、iCE40LP4K、iCE40HX4K、iCE40LP8K、iCE40HX8K、iCE40LP384の電力見積もりをより正確にサポート

iCEcube2バージョン 2013-12

  • iCEcube2ソフトウェアのこのバージョンでは iCE40LMデバイファミリへの完全なアクセスを提供
  • iCE40LM ファミリでは以下の機能が追加
    • iCE40LM1K – 1K密度デバイス
    • CM36およびCM49パッケージ-3種類のデバイス密度(1K,2K,4K)
  • iCE40LMファミリ用のI2CおろびSPIブロックのシンプルで正確なデザイン入力を可能とするモジュールジェネレータが含まれています
  • iCE40HX(密度追加)およびiCE40LP(4K&8K)デバイスの電力見積もりサポートのアップデート
  • 注意:Diamond 3.0 Programmerを使用してiCE40LMデバイスをプログラムする場合はライセンスファイルにLSC_CTL_ISE40LMnKという次の制御文字列が必要です。‘n’はターゲットデバイスです。たとえばiCE40LM2Kには文字列LSC_CTL_ICE40LM2Kが必要です。ライセンスファイルにこれを追加するにはlic_admn@latticesemi.comでお問い合わせください。

iCEcube2 バージョン 2013-08

  • このバージョンの iCEcube2ソフトウェアには以下のデバイスパッケージコンビネーションのサポートが追加されました。その中のいくつかでは当社のライセンスが必要になります。
    • iCE40LP1K-SWG16TR
    • iCE40LP640-SWG16TR
    • iCE40LM4K-SWG25TR,UMG225(特別ライセンスが必要です)
    • iCE40LM2K-SWG25TR (特別なライセンスが必要です)
  • iCE40LP384-CM81 パッケージのサポートが利用不可になりました.
  • Synpify合成フローには追加ライセンス、“LSC_ICECUBE2_EDIFIMPORT”が必要です。
  • IPリファレンスデザインはiCEcube2インストールから削除されます。詳細については“IPリファレンスデザイン”をご参照ください。
  • ICE40 LPおよびHXデバイスのタイミングをより正確に修正

iCEcube2 バージョン 2013-03

  • このiCEcube2ソフトウェアは2つの合成ツールを含みます。
    • Lattice Synthesis Engine (LSE).
    • Synopsys Synplify Pro.
  • LSEはiCEcube2フローのデフォルト合成ツールです
  • このバージョンはポストプレイスおよびにルートステージのブロックRAMメモリコンテンツ初期化をすることのできるメモリ初期化コマンドが含まれます。
  • iCE40–LAデバイスでより正確なタイミングを実現

iCEcube2 バージョン 2012-09 SP1

  • 静的消費電気見積もりの改善
  • 商業、産業用に温度幅を拡大を含めた動作条件の変更
  • 最適な場所にPLLの外部フィードバック経路をLUTを設置してサポートを改善
  • iCE40–LAデバイスのタイミングをより正確に修正

ライセンス

iCECube2 ソフトウェア無料ライセンス

必要なライセンスを取得するためには下記が必要です

  • ラティスのウェブサイトユーザアカウント
  • 物理的なMACのアドレス(12桁の16進値)

ライセンスはこちらで取得してください

ソフトウェアダウンロード&ドキュメント

Quick Reference Information Resources Downloads
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
iCEcube2 and Modelsim
AN006 1.6 10/26/2015 PDF 1.7 MB
iCEcube2 Timing Constraints
1.0 6/1/2010 PDF 863.6 KB
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
iCEcube2 2017-01 Install Overview
2017-01 2/21/2017 PDF 980.9 KB
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
iCE 2017-01 Technology Library
2017-01 2/21/2017 PDF 2.7 MB
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
iCEcube2 2017.01 User Guide
2017-01 2/21/2017 PDF 10.4 MB
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
iCEcube2 Brief
1.0 4/20/2012 PDF 937.6 KB
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
iCEcube2 2017-01 Release Notes
1.0 2/21/2017 PDF 551.1 KB
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
iCEcube2 2017-01 Tutorial
2017-01 2/21/2017 PDF 2.3 MB
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
iCEcube2 2017-01 for Linux
2017-01 2/21/2017 TGZ
iCEcube2 2017-01 for Windows
2017-01 2/21/2017 ZIP