HDMI 2.1 eARC トランスミッタ/レシーバ

すべてのバージョンのHDMI向けの拡張オーディオリターンチャンネル(ARC)ソリューション

Related Applications

未来の互換性-eARCはオーディオデバイスが未来のHDMI 2.1テレビとの完全な互換性を保証

簡単-eARCでホームシアターが簡単に使用可能

性能の改善-Dolby AtmosおよびDTS:Xを含むすべてのHDMIの高ビットレートホームシアターオーディオフォーマットを伝送

特長

  • ラティスICはTVとオーディオデバイスの両方で利用可能
  • ソリューションは既存のHDMIトランスミッタまたはレシーバICで動作し、あらゆるHDMIバージョンで使用可能
  • 自動ARCフォールバックを内蔵したHDMI 2.1 eARCとHDMI 1.4レガシーARCモードの両方に対応
  • eARCデータチャネル機能は、I2Cインタフェースによって対応:eARC信号内のHDMI 2.1規格、双方向検出および制御信号を送信します
  • 0.4mmピンピッチの4mm x 4mm QFNパッケージ

ファミリーテーブル

HDMI eARC ASSPs SiI9437 SiI9438
HDMI 2.1 eARC 入力 出力
HDMI 2.1 eARC 双方向データチャネル あり あり
HDMI 1.4 eARC フォールバック あり あり
SPDIF 出力 入力
8-ch I2S インターフェース @ 192 KHz 出力 入力
パッケージ 32ピンQFN 32ピンQFN
ピンピッチ 0.4 mm QFN 0.4 mm QFN
パッケージサイズ 4 x 4 mm 4 x 4 mm
スターターキット CP9437 CP9438

ソリューション例

拡張オーディオリターンチャネル (eARC)

  • eARCは、自己発見・自己構成で、また、DMIケーブルを使って、オーディオをTVからオーディオデバイスに逆方向に送る完全自動のオーディオリンクです
  • テレビが表示しているすべてのビデオソースにおいて、自動的に動作します
  • 自動的に検出され、eARCが使用されているときはTVスピーカーが自動的にミュート設定されます

AVR/サウンドバー (eARCを受信)

  • Sil9347 eARCレシーバを使用したブロックダイアグラム(31ピンQFN)
  • eARCによって逆方向のオーディオ伝送が可能
  • オーディオデバイスのHDMIトランスミッタは2つのeARCピンを介してオーディオを受信

ビデオ

Using eARC to Easily Enable Theater Quality Surround SoundExpand Image

eARCを使ってまるで映画館にいるようなサウンド

このビデオはHDMI 2.1のeARC機能の利点を紹介します:

  • 高帯域幅-全てのオーディオフォーマットに対応する37Mのオーディオ
  • テレビを簡単に操作できる完全ホームシアター体験
  • ビデオ規格の変更にも対応し、未来も使い続けられるレシーバ

ドキュメント

Quick Reference
TITLE NUMBER VERSION DATE FORMAT SIZE
SiI9437/SiI9438 ARC/Enhanced ARC Receiver and Transmitter
SiI-DB-02013 2.0 11/7/2017 PDF 738.1 KB


サポート

Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.