Lattice Blog

Share:

スマートホームの時代へ

Home is where AI is
Posted 09/04/2018 by Hussein Osman

Posted in

Siri、アレクサ、Google Home、それに似た製品がほとんどの家で使われる日もそう遠くはないでしょう。すでにその3つ全てを活用している人も多くいます。日々追加される、リビングルームへの高精度なAIシステムの普及は、想像し、概念化され、革新し、実験する人間の姿をよく表しており、やがて新しいアイディアや生き方を根本から受け入れるようになります。

私たちは、エッジでAIを使用することで得られるものは何か模索し続け、今ではAIシステムでより多くのことが可能になっています。

そこにいるのは猫なのか、侵入者なのか?顔検出はどちらかを見分けることができます。インターフォンを鳴らしてる人は誰だろう?この技術を享受していない隣人が怪しい勧誘や侵入者を受け入れてしまう一方で、あなたは顔認識によって友達を迎え入れることができます。

スマートホームAIアプリケーションを制限するものは、想像力のみです。センサー熱、照明、動き、カメラなどーを置いてネットワークに繋げられるところならどこでも、AIが利用できます。私たちの生活をより快適で便利で、安全で、楽しくするために。 

アイディアから実際の製品への開発が、今までになく容易で、速く、安価でできるようになっています。顔検出を例に挙げてみましょう。超低消費電力のラティスFPGAソリューションを使って、画像センサ環境にAI駆動の画像検出をたった数週間で組み込み、従来のアルゴリズムより正確な高度なニューラルネットエンジンを活用することができます。それによって、近くにあるどんな特定の物体-顔、動物、オブジェクトーをリアルタイムで検出・確認できます。

すべての処理がデバイス上でローカルで行われ、確認されたアイテムを含むフレームのみがクラウドに送られるため、コストを削減できます。毎秒5フレームのラティス処理デバイス iCE40 UltraPlusはわずか800マイクロワットの電力消費です。

当社はLattice iCE40 UltraPlus™ モバイル開発プラットフォーム (MDP)ハードウェアと世界最小のディープニューラルネットワークエンジンのLattice sensAIによってシステム設計者のパスを合理化しました。無料のソフトIPコア(BNNアクセラレーター、CNNアクセラレーター)、ソフトウェアツール。リファレンスデザイン、デモ、カスタマイズ設計サービスによって、sensAIはエッジデバイスにおけるデバイス内のセンサデータ処理と分析の統合を加速化します。

Share:

Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.