Lattice Blog

Share:

60 GHz Infrastructure Approaches the Tipping Point

60 GHz Infrastructure Approaches the Tipping Point
Posted 04/26/2016 by Neil Bullock

Posted in

大容量で、妨害に対して堅牢、短距離(しかし十分な長さ)、ライセンス不要:これが、密度の高い都市部のワイヤレスネットワークに最適な60 GHz帯の特性です。それではなぜ、60 GHzのネットワークは広く普及していないのでしょうか?テレコム業界はすごく興味を持っていますが、60 GHz帯の使用がこれからの道だと確信する必要があります。これは、やる気のある創造的破壊者がこの技術の有用性を大規模に実証することで最速で実証することができます。業界を主導する開発者の最近の発表で、転機が訪れたかもしれません。

60 GHzワイヤレスネットワークを主流にした重要な技術革新の1つはビームステアリングです。これはラティスセミコンダクターのSiBEAMテクノロジグループによって開発されました。従来の固定アンテナ技術をフェイズドアレイと電子ビームステアリングに置き換えることで、SiBEAMは展開コスト(資本コストと運用コストの両方)を大幅に削減し、ファイバーよりも60 GHzの展開が効果的になることを実証しました。

ポイントツーポイントリンクの動的確立を可能にするのと同じ電子ビームステアリング技術も、メッシュネットワークの作成に拡張することができます。セクター化されたノードは完全に360度のカバレッジを達成でき、ほぼどこにでも配置できます。この柔軟性により、ネットワークへのノードの挿入と削除を簡単に行うことができます - メッシュは簡単に調整されます。メッシュは、従来のポイントツーポイントリンクよりもネットワークの冗長性とネットワーク容量(リンク負荷分散)の両方で利点をもたらします。

展開されると、同じメッシュネットワークを使用してさまざまなサービスを提供できます。60 GHzノード密度とLTEスモールセルネットワーク密度はよく合致するため、この技術はもともとスモールセル用に提案されました。その密度は、Wi-Fiホットスポットおよび固定ワイヤレスブロードバンドアクセスにも理想的であることもわかりました。。

それでは、どこが転換期でしょうか?Facebookは最近、テレグラフ技術ソリューションを発表しました。これはとても重要で、Facebookのオープンコンピュートプロジェクトtへの貢献はデータセンターの変化を促進したのと同じように、それは業界にとってのきっかけになると期待しています。

SiBEAM技術グループはフェイズドアレイ技術とビデオおよびデータ配信へのビームステアリングの応用において、どこよりも多くの経験を持っています。今日、私たちはSB6541 60 GHzベースバンドプロセッサとSiI 6342 60 GHz RFトランシーバを使用して300 mで1 Gbpsを超えるレートでIPデータを配信しています。当社のソリューションは60 GHzワイヤレスネットワークの転換期に向けて、準備万端です。テレコム業界、あなたはどうですか?

Share:

Like most websites, we use cookies and similar technologies to enhance your user experience. We also allow third parties to place cookies on our website. By continuing to use this website you consent to the use of cookies as described in our Cookie Policy.